お問合わせ・資料請求講演・研修の講師依頼

中学・高校入試・模試情報

中学入試について

児童数が減少しているにもかかわらず、国立・私立中学校の人気には根強いものがあり、あいかわらず入試では厳しい競争が続いています。それには2つの大きな理由があるといわれています。 その1つは、中学校と高校を通して無駄のない合理的な6か年間の一貫教育が行われるため、しっかりした学力が身につき、それが将来の大学進学に有利に働くと考える人が多いということであり、もう1つは、各校の独特の教育方針に基づく情操教育やしつけ教育に賛同し、 生活に規律正しさや厳しさを求めたいと願う人たちが多いということです。

いずれも、国立・私立中学校の特徴を生かした進学についての考え方といえるでしょう。

【公立中高一貫校について】

公立中高一貫校は、1998年6月の「学校教育法等の一部を改正する法律」の成立に基づいて、1999年4月から設置が認められました。2007年4月時点で257校(内公立149校、私立104校、国立4校)になっています。

当初、どの程度集まるのか注目されていましたが、全国的に人気を呈しています。こうした人気の背景には、それまでは費用負担の大きい私立中学校や、数が少ない国立大学附属中学校などでしか行なえなかった6年間の一貫した教育課程や充実した学校環境で学ぶことへの期待があるのだと思われます。

【公立中高一貫校の種類】

中高一貫教育の実施形態については、次の三つがあります。それぞれの特色を生かしながら、生徒や保護者のニーズ、地域の実情等に応じて、設置者において判断・決定されることになります。

高校入試について

【滋賀県高校入試情報】

高校名 目標点数 比率※1 高校名 目標点数 比率※1
膳所 450 7:3 石部 200 5:5
堅田 240 5:5 甲西 300 6:4
東大津 400 7:3 水口東 400 7:3
北大津 200 5:5 八日市 400 7:3
大津 325 7:3 八日市南 170 5:5
石山 420 7:3 日野 210 6:4
瀬田工 250 5:5 八幡工 220 6:4
大津商 280 6:4 八幡 300 7:3
草津東 350 7:3 八幡商 280 5:5
草津 240 6:4 河瀬 330 7:3
玉川 325 7:3 彦根翔西館 220 6:4
守山 410 7:3 彦根東 420 7:3
守山北 240 5:5 虎姫 400 7:3
栗東 200 5:5 米原 400 7:3
国際情 300 6:4 長浜北 350 7:3
湖南農 150 5:5

※1.比率は、検査:内申書です。

【京都府高校入試情報】

【大阪府高校入試情報】

お問合わせ・資料請求

電話の方

本校へ電話する(077-565-7337)

大阪校へ電話する(06-6225-7020)

【営業時間】
草津本校:平日10:00-20:00
     土曜日9:30-19:00(日・祝は休業)
大阪校 :平日13:00-20:00
     土曜日9:30-18:00(月・日・祝は休業)
※相談中や指導中は電話に出られないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールの方

メールする