発達支援・個別指導・ソーシャルスキル・心理教育相談

学びの教室

視覚機能トレーニングとは

視覚発達トレーニングとは

視覚発達トレーニング学びの教室では、視覚発達トレーニングを取り入れ「見る力」や「目と手の協調性」を養成。読み書き等の学習や運動でつまずく原因のひとつに 視覚機能の弱さがあると言われています。視覚機能に弱さがある子どもたちは、板書が苦手であったり、本読みで同じ行を繰り返し読んでしまったり、球技が苦手であったりすることがあります。

視覚トレーニングをすることで、学習や運動に必要な「見る力」や「目と手の協調性」の養成を行っています。

※トレーングドリルは大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト 奥村智人先生と共同開発を行っています。

もっとみる

三井海上
当社は三井住友海上火災保険の塾総合保険に加入しています。
ECC学園高等学校
十人十色の子どもたち: 発達支援の現場から
子育てがちょっと楽しくなる
スペシャルニーズサポーター養成研修

子育てコラムすべて見る

採用情報
アットスクールFC
発達支援センター ピアすまいる
おすすめ教材SHOP
スポンジエイジ

このページの先頭へ