永年培った就労支援のノウハウを活かし、就職も含めた高校卒業後の自立をサポートします。



アクセス:JR 琵琶湖線 「草津」駅 から徒歩6分

明蓬館SNEC(すねっく、Special Needs Education Center)滋賀

資料請求、願書請求、入学相談はこちら

アットスクール高校学院が選ばれる3つのポイント

1. 生徒一人ひとりの特性を見極める

保護者の方と生徒1人ひとりのニーズを面接と心理検査から把握

保護者の方と生徒1人ひとりのニーズを面接と心理検査から把握

事前相談で、発達障害の支援スキルを持った支援員と相談員(特別支援教育士や心理士)がしっかりと話を聞いた後、相談員が検査・フィードバックを行います 。

スペシャルニーズに着目し、オリジナルな支援・指導計画を作成し、学習面を中心に、身辺自立・交友関係構築・報告連絡相談質問スキル・就労観の取得支援をします。

2.生徒一人ひとりの学ぶ目的、方法を育む

定着しづらい学力よりも将来に向けてできること、ワクワクすること

成果物学習による成績評価
生徒の特性に応じた学習環境
パソコンやタブレットでネット授業(一斉授業なし)

発達に課題を持つ高校生が特別支援付きの普通科高校教育を受けることができる学習センターです。

生徒の興味関心、ペースに合った学習を行います。

※成果物は、たとえば英語なら自分の好きな映画を訳したもの。家庭科なら自分で作ったものやレポート。自分で選んだ問題集でも、将来生かせる資格試験でも大丈夫。“好き”を学習の成果として認められるため、「楽しく」「役立つ」学びができます。

「スペシャルニーズ」に配慮した学習空間

「スペシャルニーズ」に配慮した学習空間

集団に参加することが苦手な生徒のために、一人で学習できる小スペースがあります。また、音や光に敏感な生徒のために環境を整えるなど誰でも安心して登校できます。
一人1台専用のパソコンを使って、小スペースで映像授業!

3.就労に向けた支援と伴走

就労に向けた支援と伴走

運営の母体である株式会社アットスクールの発達と学習支援のノウハウを活かし、多様な体験の場を提供。

他校生徒との交流の場を設け、合同活動や就労体験・職場見学を実施していきます。

株式会社アットスクールとは:滋賀県草津市に本校を置く、一人ひとりの個性と自立支援によって、子どもたちの「やる気・根気・元気」の目を育てていくことを目標としたサポート機関です。現在は滋賀、大阪の全7教室で、子どもたちの自己肯定感を高める自立支援をめざし、事業を展開しています。

「自閉症の僕が跳びはねる理由」の東田直樹さんも姉妹校の卒業生です

東田直樹さんと明蓬館高等学校日野校長「自閉症の僕が跳びはねる理由」は、世界30か国で出版されています。


東田直樹(ひがしだ なおき)
1992年、8月生まれ 千葉県出身。作家。会話のできない重度の自閉症。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助なしでのコミュニケーションが可能。 小学校5年生までは授業中も母に付き添われて、普通学級に在籍。 小学校6年生から中学3年生までは、養護学校で学ぶ。その後、2011年3月アットマーク国際高等学校(通信制、明蓬館高等学校姉妹校)卒業。 第4回・第5回「グリム童話賞」中学生以下の部大賞などを受賞。 NHKスペシャルをはじめ、多数のTV番組で注目される。 「自閉症の僕が跳びはねる理由」(エスコアール)他、ビッグイシュー日本、小学館、朝日新聞社、交通新聞社、より、エッセイ、童話、詩、絵本など多数出版。「自閉症の僕が跳びはねる理由」は、世界30か国で出版されています。
東田直樹さんのオフィシャル・サイトはこちらです。 http://naoki-higashida.jp/index.html

講演や著作、テレビなどで活躍する南雲明彦さんも姉妹校の卒業生です

南雲明彦南雲明彦


南雲明彦(なぐも あきひこ)
高校時代から不登校、引きこもり、自傷行為、強迫性障害に苦しむ。21歳の時、LD(学習障害)のディスレクシア(読字障害)であると知り、苦しみから開放される。 現在は自分と同じような道を歩む子どもたちを減らしていくために講演、執筆、相談などを日々の活動としている。 通信制高校・明蓬館(めいほうかん)高等学校の共育コーディネーターとして、学ぶ喜びを子どもたちと見つけ、株式会社システムブレーンの講師として、全国各地で講演を行っている

  1. 出版物
    LDは僕のID(中央法規出版)
    治ってますか? 発達障害(著:南雲明彦+浅見淳子)(花風社):http://kafusha.com/products/detail/7
    庭に小さなカフェをつくったら、みんなの居場所になった。(編著:南雲明彦、著:みやの森カフェ、ぶどう社)
  2. 取材協力
    ぼくの素晴らしい人生(著:愛本みずほ)(講談社):https://be-love.jp/c/bokusuba.html
  3. テレビ
    「あさイチ」(NHK)、「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)、「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)、「スーパーニュースアンカー」(関西テレビ放送)など
  4. オフィシャルサイト
    オフィシャルウェブサイト:https://nagumo-akihiko.com
    Facebookページ:https://www.facebook.com/nagumo.akihiko
    共同ブログ「片道切符でいいんですか?」:https://blog.goo.ne.jp/1wayiindesuka

資料請求、願書請求、入学相談はこちら

保護者様の不安、お子様の不安の解決策は?

通学できるのか? 馴染めるのか?

高校卒業資格は取得できるのか? 卒業後の進路は??
そんな保護者さまの不安、お子さまの不安の解決は、
アットスクール高等学院 明蓬館SNEC滋賀におまかせください!!

お子さまのスペシャルニーズに対応した、
生活環境・学習環境 を整えてお待ちしています!!

※SNECとは、Special Needs Education Center(スペシャルニーズエデュケーションセンター) の略称です。

コース

アットスクール高校学院 コース紹介

  • スクールコーチングコース 
     週4日まで通えます(火、水、木、金)
  • ネットコーチングコース 
     週1日まで通えます

カリキュラムは、明蓬館高等学校に準拠します。
詳しくは、資料(無料)をご請求ください。

 

独自の行事

アットスクール高校学院 明蓬館SNEC滋賀 独自の行事

  • 他校生との交流や合同イベントの企画、
    職場見学や就労トレーニング体験を行います。
  • 生徒の興味関心に合わせて、柔軟に活動計画を組み立てています。

 

ロゴに込められた意味

アットスクール高校学院 明蓬館SNEC滋賀 ロゴの意味

  • ロゴは知恵と幸福の神様であるアットスクールの象さんが前を向いて、これから社会に出て歩き始めていく姿をイメージしています。


    アットスクール高等学院は、発達障害生徒のための支援付きの通信制サポート校として「支援」と「伴走」を理念に eラーニング を活用し、生徒(Student)を中心にご家族(Family)資源(Resource)教育、心理、医療、福祉の連携によってサポートをしていきます。

 


「生徒の特性と支援方針」生徒の特性にあわせて以下のような支援を行ってきました。

支援の事例

生徒の特性と支援方針 【事例1】
自分の気持ちを言葉にして人に伝えることが苦手であり、感情が抑えられない時にきつい言葉を言ってしまうことがあった。

まずは学校に慣れることを目標とし、支援員と相談しながら無理のない範囲で一緒に学習の計画を立てた。学校が安心できる場所となったことで、生徒自ら自分の気持ちを伝えることができるようになってきた。


生徒の特性と支援方針 【事例2】
急な予定の変更や見通しの立たないことに不安を持ちやすく、落ち着いて学習に取り組むことができなかった。

学習計画表を作成し、終わったものには印をつけ、目で見てわかる形で進捗を確認できるようにした。また行事の日程や行程などは事前にプリントにして配布した。その結果、学習や行事に取り組みやすくなり、親御さんにも学習状況を把握してもらえるようになった。


生徒の特性と支援方針 【事例3】
就職に向けて、自分の興味・関心や自分に合った分野を探したいと思っている。

就労体験を行い、実際の職場を見学して、働くということについて考えることができた。また成果物の作成を通して自分の興味を広げていくことができた。


生徒の特性と支援方針 【事例4】
人の目を気にしやすく、人前での発表が苦手だった

スクーリングに参加した際、他の高校の生徒とも進んで交流をする姿を校長先生に評価され生徒代表として挨拶を任された。無理に引き受ける必要はないとの配慮もあり最初は自信がなく引き受けることを迷っていたが、当日は自分で挨拶を行うことを決め、皆の前で挨拶したことで自信につながった。

 

支援員、相談員の紹介・役割

アットスクール高等学院 明蓬館SNEC滋賀 学院長 鈴木 正樹 、センター長 大垣 正人 支援員、相談員は生徒の声に耳を傾け、生徒の中にある思いを共に引き出していく伴走者です。
明蓬館SNEC滋賀は、生徒一人ひとりの本来持つ豊かな創造性を伸ばし、地域社会で活きる力を育みます。
一人ひとりは違って当たり前。子どもたちの考え方や学び方の違いを理解し、誰もが自信を持つことができるインクルーシブ教育に貢献していくことが私たちの使命と考えています。

◆アットスクール高等学院の学校説明や、ネット授業を体験できます!
 興味のある学生さん!ぜひお越しください。
◆個別相談承ります! まずはお電話ください。

アットスクール高等学院 明蓬館SNEC滋賀 学院長  鈴木 正樹 、センター長 大垣 正人


進学までの流れ(明蓬館SNEC滋賀)

1.お問い合わせ、2.高校見学、3.願書受付、4.受験、5.合格発表、6.入学手続き、7.進学

資料請求、願書請求、入学相談はこちら

心理検査を希望される方へ

明蓬館SNEC滋賀では、入学相談だけでなく、専門職員が相談、心理検査を行います。

実施できる検査:WISC-Ⅳ、WAIS-Ⅲ、K-ABCⅡ

心理検査は、お子さまの得意な点、苦手な点を客観的にみて、お子さまに必要な支援を組み立てるうえで重要なヒントを与えてくれます。お子さまの認知・発達傾向についてお知りになりたい方、学習面での困難さを抱えるお子さまの支援について相談員といっしょに考えたい方はご相談ください。
明蓬館SNEC滋賀ではできるだけ皆様のご希望やご都合に合わせて早く実施できるようにしています。
実施にかかる期間については、ご相談のうえ決めさせていただきます。

相談までの流れ(明蓬館SNEC滋賀)

1.ご相談、2.インテーク面接、3.検査実施、4.検査結果のご報告

事前相談を承りながら検査実施にあたってのご説明をさせていただきます。検査内容をご相談しながら、実施させていただきます。

心理士による心理検査をご希望の方はこちら

PAGE TOP